当院では、患者様に安心・安全な治療をご提供するために、より精密な診断を行える歯科用CTを導入いたしました。従来のレントゲンと比べて被曝線量が少ないだけでなく、3次元での撮影が可能となり、今まで見えなかった部分が立体的かつ様々な角度から見えるようになります。インプラントに必須と言われるCTですが、その他の治療でも大きな役割を担っています。

低被曝・3次元撮影・パノラマ撮影
CTを使用した治療のメリット

インプラント治療

インプラントは骨の中に、人工(チタン製)の歯根を埋め込む手術です。
歯科用CTでの撮影画像を元にした、3次元(立体)での位置の把握はとても重要で、顎の骨の形態、神経の位置、他の歯との位置関係など、正確に診断することにより、インプラント手術におけるリスクを最小限にすることができます。

根管治療(歯の神経の治療)

歯の根の形態は非常に複雑です。特に奥歯は根が2本以上あり、さらに1本1本の根の中にある神経の管も複雑な形態をしています。2次元では見えなかった歯根の先端の病巣発見や、治療後の治癒の状態などが、3次元での撮影を行うことでより正確に把握できます。

歯周病治療

歯周病は、歯を支えている顎の骨が溶けていく病気です。CTでの撮影により、肉眼では確認できない内部の骨の状態、進行具合を3次元で正確に診断できることは、特に歯周再生治療(溶けた骨を再生させる手術)などの場合に成功率に大きく影響します。

抜歯

歯の根の曲がり具合などを立体的に把握できるので、抜歯のプランニングが正確にできます。特に親知らずは、顎の中の太い神経や血管と近接している為、その位置関係を正確に把握することで、より安全な抜歯を可能にします。

まなべ歯科クリニックが導入している歯科用CTの特徴
より少ないX線放射線量
全歯列の撮影をギリギリ最小限の範囲で撮影することにより被曝量を低くしています。一般の医科用CTに比べ5分の1以下のX線量で、患者様のお身体にやさしく配慮しております。
1台でCT撮影、パノラマ撮影が可能
1台でCT撮影、パノラマ撮影、3D(3次元)撮影ができるので、今までのレントゲンよりもさらに正確な診断が可能となります。
また、パノラマとCTのスムーズな連携により、詳細に患部の状態を把握することができます。
パノラマ撮影・CT撮影
パノラマ撮影・CT撮影
同じ患部でも撮影方法変えることでより正確に把握 することができます。
オンライン初診予約のご案内
わくわくKidsクラブ
キッズルーム
日曜日診療行なっています
歯科医師・歯科衛生士募集
研修医募集
矯正治療
歯周病治療
ホワイトニング
診療時間

休診日/木曜・祝日

ご予約058-251-0333
ページトップ